ホスピピュア

やっぱり外せないホスピピュアの美白成分のメイン《トラネキサム酸》について

更新日:

 

 

 

 

ホスピピュアのキャッチコピーはなんといっても

トラネキサム酸を有効成分とした薬用美白クリーム

ということになります。
パッケージはお堅い薬用クリームといったイメージですね。

 

黒ずみやシミに美白効果がある有効成分トラネキサム酸を国家基準の量で配合しています。
また、医薬部外品ですので厚生労働大臣の許可を取得しています。

 

トラネキサム酸はもともと、アミノ酸の一種でシミの一種である肝斑(かんぱん)の改善が認められた成分です。

 

また、じんましんなどの出血を止める作用があります。病院などの医療現場では長年使われている成分です。

 

その際トラネキサム酸は、カプセルやシロップなどの形で服用されることが多いです。

 

飲むタイプの場合は、まれにかゆみなどのアレルギー症状をおこす場合があるようです。

 

黒ずみ、シミなどの美白のための用法の場合、塗るタイプが安心といわれています。

 

そして、やはりこのパッケージデザインからも読み取れるようにホスピピュアの一番のウリは

 

トラネキサム酸(美白成分)&美肌成分
という成分についてのアピールかと思います。

 

トラネキサム酸が効くメカニズムって知りたいですか?

女性ホルモンや紫外線、摩擦などでメラノサイトが刺激されて、メラニンが余分に作られ
ケラチノサイトに蓄積してシミになってしまう

トラネキサム酸は、プラスミンと呼ばれるメラノサイトへのシグナルを抑えることで
メラニンの生成がおさえられる

 

つ ま り

シミの原因はメラニン色素

メラニン色素が作られる場所がメラノサイト

メラノサイトを刺激しないようにする

メラニン色素が作られるのを抑制

 

この、「メラニン色素が作られるのを抑制」がホスピピュアのすごいところです。

例えがわかりづらいかもしれませんが、
温泉であそんでいる子供を注意するのではなくて、
温泉自体を閉鎖してしまうイメージです!

トラネキサム酸は原因の根本に効きます!

 

従来の美白成分の特徴は、
メラノサイトでメラニン色素が作られるのを阻止するだけでした。

トラネキサム酸は、従来の美白のしくみよりさらに進んでいます。
メラニン色素が作られるメラノサイトを刺激する、メラノサイト刺激因子を抑制します。

 

 

 

黒ずみ、シミ、くすみに効く素晴らしい働きをしてくれる

ホスピピュアのトラネキサム酸という成分は、

難しいお話を抜きにして一番の有効成分ですね。

 

成分については難しいのでよくわからないという方も多いかもしれません。

私もそうでした。

でもある時お安い化粧品を使った時に、お肌が荒れて悲惨なことになってしまったことがあってからは、

ちゃんと成分をチェックするようになりました

 

成分にこだわった商品は、全体的にお値段が高いものが多いですがしょうがないと割り切っています。

 

また、お肌に優しいことを全面にだしているものは、防腐剤が入っていないこともあるため、使用頻度が低くてあまってしまって古くなったものは思い切って捨てるようにしています。

光や紫外線によって、品質が変化してしまってお肌に負担がかかることになることがあるようです。

ホスピピュアのトラネキサム酸は、美白効果がある成分として認可されていますし、お肌に優しい成分構成にこだわった設計がされていますので安心して使えます。

 

美肌のために知っておきたい乾燥と保湿とスクワランとシアバターの関係は?

 

あなたの大切なお肌の、最大の敵は乾燥なんです!

乾燥はお肌に刺激を与えメラニンを生成してしまいます。
つまり、乾燥させないための保湿は黒ずみ対策としてとても重要です。

美白クリーム、ホスピピュアには、強力な潤い成分が入っています。

 

それはスクワランシアバターです。

スクワランで角質まで潤いを浸透させます。
そして、シアバターで表面の潤いを守ります。

 

スクワランについて(植物性スクワラン/オリーブスクワラン)

スクワランは本来、人間やサメ、そしてオリーブオイルなどに含まれる成分なんです。
スクワランは、汗と混ざることで皮脂膜の成分になります。

皮脂膜はお肌を守る役割を持っています。

天然成分で、お肌を刺激から守ってくれるバリア効果と保湿効果があります。
シミやシワ、たるみにも効くとされています。

また、ホスピピュアのパッケージによると、お肌にツヤを与える効果があるとされています。

 

シアバターについて(シア脂)

シアバターはロクシタンの製品で有名です。

シアバターは低刺激ながら、保湿効果が高い植物性油脂で、乾燥肌対策に効果的と言われています。
シアバターは、アフリカに生息する「シアの木」からとれる油です。

角質をやわらかくし、ツヤのあるお肌にしてくれます。

また、ホスピピュアのパッケージによると、お肌の保湿と保護の効果があるとされています。

 

 

(だいぶ長い)ホスピピュアの自然由来の有効成分の詳細について

 

ホスピピュアにはデリケートな敏感肌の方にも安心な、13種類の植物由来の天然成分が配合されています。

下記に紹介する成分のリストです

 

1. ローズマリー        (ローズマリーエキス)
2. レモン          (レモンエキス)
3. ルナホワイト        (メマツヨイグサ抽出液/月見草の種子エキス)
4. ニーム葉         (ニーム葉エキス)
5. 大豆エキス        (ダイズエキス)
6. 海藻エキス        (海藻エキス(4)シーブレストホワイト)
7. プリンセスケア       (ヒメフウロエキス)
8. アーティチョーク葉エキス  (アーティチョークエキス)
9. スギナ          (スギナエキス)
10. ホップ          (ホップエキス)
11. セイヨウナシ果汁エキス   (セイヨウナシ果汁発酵液)
12. オクラエキス       (オクラエキス)
13. マツ           (マツエキス)

 

 

1. ローズマリー(ローズマリーエキス)

ローズマリー

ハーブティーやお肉料理の臭みを消すために使われたりと、身近なハーブですね。

美容に関しては、ローズマリーは活性酸素をなくす効果がある成分と言われています。

活性酸素は老化によるお肌のシミやシワの原因になります。しかし本来、活性酸素は細菌などから体を守ってくれる働きがあります。

例えば紫外線で傷ついた体を守るために、大量の活性酸素が発生します。そしてその影響で、シミやシワができてしまうのです。

またローズマリーの成分には、新陳代謝を促すことで、お肌のたるみ、むくみを防いでくれる効果もあると言われています。

2. レモン(レモンエキス)

レモン

レモンにはビタミンCがたっぷり入っています。

ビタミンCの成分にはメラニン色素の活性化を抑える働きによる、美白効果があります。

また、強い抗酸化作用により、ニキビなどの肌荒れにも効きます。しかし、水に溶ける性質のために、体外へ排出されて、効果の持続が難しい側面もあります。

ビタミンCが不足すると、疲れを感じやすくなります。

3. ルナホワイト(メマツヨイグサ抽出液)

ルナホワイト

ルナホワイト(メマツヨイグサ)の成分にはポリフェノールを多く含みます。

お肌をすこやかに保ちます。

4. ニーム葉(ニーム葉エキス)

ニーム葉

ニーム葉エキスの成分には、メラニン生成を抑える働きがあります。
また、肌に潤いを与える効果と共に、かぶれを抑えるなど抗炎症作用もあります。

5. 大豆エキス(ダイズエキス)

大豆エキス

大豆の種子からとれる成分です。お肌の細胞の活性化を促して、老化防止を助ける働きがあります。

体への刺激も少なく、お肌のキメを整えてくれる効果のある成分です。

6. 海藻エキス(海藻エキス(4)シーブレストホワイト)

海藻エキス

海藻エキスの成分は、古くからお肌の保湿や血行促進に効果が認められていて、化粧品に使われています。

お肌の引き締め効果がある成分と言われています。

また、お肌をなめらかに保ちます。

7. プリンセスケア(ヒメフウロエキス)

プリンセスケア

プリンセスケア(ヒメフロウエキス)の成分は紫外線でダメージを受けたお肌をケアして、お肌のシワ改善と予防に効くと言われています。

お肌のキメを整え、ハリを与えます。

また美容水などにもつかわれている成分です。

8. アーティチョーク葉エキス(アーティチョークエキス)

アーティチョーク葉エキス

アーティチョーク葉エキスは、お料理にも使われるのでおなじみですね。

古くから美肌に効果がある成分を含むとされているハーブです。

消化に効果があるハーブティーとしても親しまれています。

化粧水にも使われている成分で、紫外線を受けたお肌の、肌荒れを防いだりする効果があります。

9. スギナ(スギナエキス)

スギナ

スギナといえば、お庭の雑草というイメージが強いかもしれませんね。

その強い生命力が美容成分として使われているんです。民間療法でも使われているようです。

毛穴の開きを治す働きもあり、また抗菌作用など、様々な効果がある成分といわれています。

10. ホップ(ホップエキス)

ホップ

ビールで有名なホップです。
6m以上の背丈になる植物で、皮膚や粘膜の健康を維持する成分を含んでいます。

11. セイヨウナシ果汁エキス(セイヨウナシ果汁発酵液)

セイヨウナシ果汁エキス

セイヨウナシ果汁エキスは保湿の効果がある成分です。

糖類や有機酸、ミネラルなどの成分を含んでいます。

12. オクラエキス(オクラエキス)

オクラエキス

オクラエキスは、天然の化粧品をお使いの方々にはおなじみの成分です。

ビタミンAやビタミンB1やビタミンCなどが含まれています。ビタミンCの、お肌の酸化を抑える抗酸化作用によって、シミやしわの原因となる活性酸素の発生を抑える働きがあります。

またビタミンAには、お肌の保湿を助ける効果があります。

日頃より、ビタミンAの不足による、お肌の乾燥には注意したいですね。

13. マツ(マツエキス)

マツ

マツの皮にはシミやそばかすに効く、美肌効果がある成分が含まれています。

松皮エキスの成分には抗酸化作用があるとされています。

-ホスピピュア

Copyright© ホスピピュアの《口コミ》と効果は本当なの!? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.